I’m liking it

引き続き英語の話題

学校英語では確か(間違っているかもしれませんが)、

like,love,live

等は進行形してはいけない、と習っていたはずですが、海外のyoutubeなどを聞いていると、向こうのyoutuberは普通に「I’m liking it.」とか言っています。

これについて英語の先生に聞いてみました。

「I’m liking–」というニュアンスというのは、どうも、「最終的にはどういう結論になるかわからないが、今のところ好きだ。」というニュアンスになるみたいです。

「今のところ好きかも」とか

「いいんじゃない」とか

いう軽いニュアンスになるようです。

日常英語としては定着しているし、若い女の子がいう分にはいいとは思いますが、オフィシャルな場で使うと、「はっきりしろ」と馬鹿にされるかもしれません。このあたりは使い分けですね。

今年の京都は、久しぶりの大雪でとてもきれいでしたね。皆さんはどこかで雪景色を楽しんだりしましたか。私はいつも通り大学にいましたが、キャンパス内は真っ白で見違えるほどでした。ただ、通勤や通学は大変ですね。生徒さんも通学に苦労していたようです。次の土日は、また雪が降るかもしれません。事故などに気をつけて、雪を楽しめるといいですね。

お久しぶりです

 お久しぶりです、京大理学部4回生のCharlieです。教育実習や大学院の受験、研究室での卒業発表のため、しばらくお休みをいただいておりましたが、この度復帰させていただくことになりました。また皆様にお会いできることを嬉しく思います。

 今回私が担当させていただいたのは、他の先生のご都合がつかなくなってしまった生徒さんで、代打という形で短期で担当させていただきました。非常に短い間の担当ではありましたが、聡明な生徒さんで飲み込みが早く、教える側としても大変教え甲斐のある生徒さんでした。

 今まで何人も生徒さんを担当させていただいておりますが、成功する生徒さんの共通点というのがいくつか見えてきました。その共通点の中でも特に顕著なのが、「積極性」です。優秀な生徒さんは、まず間違いなく多くの質問を自ら用意しています。そして、必ず理解できるまで、しつこいくらいに食い下がります。いい意味で、家庭教師を100%利用しつくせているなと、教師側もその気持ちに全力で向かい合う気になるので、勉強の吸収と知識の提供が正のスパイラルを描ける、望ましい形をとれるようになります。

 私立の大学はもう受験が始まりますし、国立前期も残り20日程となりました。最後まで全力で走り抜けてください。あと少し、頑張っていきましょう。

卒業論文

私は現在卒業論文に苦戦中です。

データを取るところまでは順調に進んだのですが、

そのデータからどんな結果が導き出すことができるか

またはどんな風にデータを加工するかという点で苦戦しています。

 

文系の方が社会で働く上でも数理的素養が必要だと言われている。

またそういった学生の方が新卒における労働市場価値が高いと言われています。

私は理系で就職も数理を扱う職種に決まっているのですが

世間一般で言われている数理的素養とはどういったレベルのことを指すのだろうかと

ふと卒業論文の辛さからか思いました。

大学生になる方には学部の2年生ぐらいからは少しずつエンジンをかけて

勉強することをお勧めします。

イギリス英語

最近、イギリス英語のリスニングも試みていますが、なかなかうまくいきません。

機関車トーマスですらうまく聞き取れないことがあります。

ダウントン・アビーも半分くらいしかわからないです。

名探偵ポワロはまだほとんどわかりません。

BBCのドキュメンタリーなどはよくわかるのですが、ドラマのイギリス語はまた違うようです。

アメリカ人の先生にTEDのイギリス人の講演の聞き取りを習っていますが、かなり苦戦しています。

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

 ログイン(教師用)

お気に入りリンク

家庭教師一覧

検索