じゃがバター(京大教育卒) さんの投稿記事

最後の授業を終えて

こんにちわ、じゃがばたーです◎

実は僕は担当している子の、今日が最後の授業でした。

正直に申しますと授業ではいろいろと苦労もありました。。。。

しかし、それも今ではいい思い出です(笑)

最後は握手をして生徒にお別れをしました。

そのとき彼が受験という長く、困難なマラソンを見事走りきることを心から祈りました。

これからもちょくちょく近況を報告しあおうと約束しました。

貴重な体験をさせていただいたシリウス様

そしてなにより生徒の彼とご両親に感謝いたします。

ありがとうございました。

教育学部で学んだことについて

お久しぶりです。じゃがバターです◎

今日は、私が京都大学で学んだことについて簡単に話したいと思います。前回の投稿では京都大学教育学部の特徴ついてお話しました(MASさんも教育学部について紹介をなさっているのでどうぞそちらも参考にしてください)。前回はどちらかという教育学部の全体的な学部像について触れましたが、今回は私が個人的に教育学部で、あるいは大学生活全般を通して何を学んだかについて書きたいと思います。

まず端的に話を始めれば、私は教育学部に入学してよかったと今思っています。いろんな要素が交じり合ってそんな風に思えているのですが、その要素の一つとして教育学部の先生方の行われる講義が魅力的であることをあげることができます。もちろんすべての講義がすべて面白かったのかと聞かれるとそうではないのですが、「あ、おもしろい」「このことについて議論してみたい」とこちらの純粋な好奇心を刺激して自分を内側から学びへと動機づけてくれるような講義と出会うことは少なからずありました。こうした感覚はとてもよいものです。また、そのことについて友達同士で「先生はああいってたけど実際のところどう思う?」などと雑談交じりの、冗談を織り込んだディスカッションをしたりもします。こういう時間はとても楽しいものです。それはたぶんこうした時間は、何か実際的なものの見返りを期待して行動を起こすのではなく、”それがおもしろいから”という動機で時間と労力を打ち込んでいるからではないでしょうか。自分のなしている行動が何らかの対価に見合うものだと意識してしまうとどうしても「あ、今これだけのことをしたから見返りはこんくらいね」と思ってしまいがちになってしまいません?つまり、つねに自分の仕事量をある種の基準でつねに計ってしまう。そしてその仕事量を図る主要な観念は時間ですよね。だから、実際的な見返りを期待した行動は時間意識から逃れることが難しいと思うんです。そういう行動はなかなか”楽しさ”には辿り着けない。楽しいことは”時間を忘れて”打ちこんでしまうものですよね。何かをなしていて”うっそ、もうこんなに時間たってるよ”って気づく経験が大事だと思うんです。

学生時代はこうした経験を一番得やすい時期だと思います。社会人になって働き出すと常に時間との関係で何かをなすことを求められるわけですし。そう思うとこれは贅沢な経験ですね。これから入学する生徒さんにも是非この贅沢な時間を味わってほしいと思います。”時間を忘れてしまう”ような活動を見つけて、それを大事にすること、そのためには自分自身の内側の感覚って見過ごさないようにすべきだと私は思っています

「自己の内的な動機づけを大切にせよ」これが教育学部に学んだことの一つです。

初投稿します

初投稿させていただきます。「じゃがバター」と申します

僕は教育学部に所属しています。今日は教育学部について簡単に紹介したいと思います。

まず、教育学部というと先生を目指す学生が集まる学部だという印象を持っておられる方が多いのではないかと思います。たしかに、教育学部=教員養成という考え方で学部のカリキュラムを組んでいる大学も全国には多いでしょうし、また学校の先生を目指して京大の教育学部に入学される方がいることは当然です。けれども、京都大学の教育学部はいわゆる教員養成系の教育学部ではないと思います。もちろん教員免許を取得することは可能だし、毎年十数人くらいは実際に免許を取得していくことは事実です。ただ、あくまで京大の教育学部にとっての「教育」とは「学校教育」とイコールで結ばれるものではなく、それよりももっと広い視野で捉えるべき「学び」なのだと思います。学校という枠の外でも人と人が出会い、コミュニケーションをし、そこに何か新しい発見があったとすれば、そこには「学び」が含まれているといえるでしょう。こうした広い視野に立って「教育」を考えていきましょう、というのが京都大学教育学部のスタンスなのだと僕は理解しております。

なんだか初投稿なのに堅苦しくなってしまいました 

今日はこの辺りで失礼しますね。ではまた。

2018年12月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

 ログイン(教師用)

じゃがバター(京大教育卒)
京都大学教育学部卒業。現在司法の現場で活躍中。

お気に入りリンク

家庭教師一覧

検索