rabit(京大医健) さんの投稿記事

がんばらない

思春期は、学校、授業、人間関係、将来などさまざまなことに悩んでしまう時期です。悩んでわからなくて、人やものに当たってしまう人、逆に一人で考えて自分の殻に閉じこもってしまう人、人によってさまざまな反応が見られます。人やものにあたることは、大人から見ると迷惑な行為ですが、見てわかる分大人の援助を受けやすいタイプだと思います。自分の殻に閉じこもってしまうタイプの人は、大人の援助を得にくく、一人でがんばってがんばりすぎてしまうのだと思います。私には具体的にどうしてあげたらいいのかわからないけれど、がんばらないでと伝えたいです。

成長

先月から家庭教師のお仕事をはじめて、大変なことや楽しいこと、うれしいことをたくさん経験することができました。生徒さんと授業後に、学校のことや趣味などについてまるで、妹と話すような気分でお話をするのがとても楽しく、私にとって癒しの時間になっています。うまく言葉にできなくて、生徒さんに理解してもらえないときは、自分の無力さを感じます。でも、「今日テストがあって前にしたとこは解けたよ!」と嬉しそうに話してくれたとき、私もとてもうれしくなりました。

生徒さんも、私もこの一か月で成長できたとおもいます。

来月は学校のテストがあるので、生徒さんが精一杯勉強して、テストを受けることができるようサポートしていきたいです。

はじめまして

今月から一人の生徒さんを担当させていただいていますrabitです。

どんな授業をするかまだまだ定まっていない段階で、授業もつたなく生徒さんには迷惑をかけてしまっていると思います。生徒さんは勉強にとてもやる気があるで、そのやる気をずっと持っていられるような、興味を引き出せる授業を心がけようと思います。

生徒さんに頼ってもらえるような先生をめざして頑張ります。

はじめての授業

今の生徒さんと出会って、初めての授業が終りました。つたない説明が多くなり、反省することがたくさんあります。でも、生徒さんは、説明するとすぐに理解してくれ、勉強にもやる気をだしてくれているのでとても感謝しています。

まだまだ未熟な私ですが、少しでも生徒さんの役にたてるように頑張ります。

2018年12月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

 ログイン(教師用)

rabit(京大医健)
兵庫県姫路西高等学校出身で、現在医学部保健学科作業療法学専攻に所属しています。 明るく前向きな性格を活かして、生徒さんと一緒に学んでいきたいです。

お気に入りリンク

家庭教師一覧

検索