Yu(京大教育) さんの投稿記事

サッカーと心理学

南アフリカW杯がついに開幕しましたね。4年に一度の祭典を僕もとても楽しみにしていました。

観戦していると、国によって様々なスタイルがあることを明確に感じます。このようなスタイルの違いは、国民性の違いから生まれていると考えられます。

例えば、日本は決定力不足だと飽きるほど言われています。これは他の国でも少なからず言われることですが、日本は特に顕著だと思われます。スペインのフェルナンド・トーレスや、イングランドのルーニー、アルゼンチンのメッシなどは、決定力が不足していると言われることはほぼありません。

その理由として、日本人は個として目立ち、行動することを好まないからだという考えがひとつあります。「俺がゴールを決めてやる」という気持ちよりも、「味方のためにパスしよう」といった気持ちが働くために、強引にでもシュートを打ってゴールを決めるというプレーが見られないという考えです。「出る杭は打たれる」というように、自分が目立つことを敬遠する文化で育つと、サッカーのプレーにもそういったこころの働きが現れるのでしょうか。サッカーは11人でプレーしますが、最後に点を決めるのはひとりです。日本チームはゴール前までは割合スムーズにいくのですが、最後のシュートがうまくいかないことが多く、見ている側としてはイライラします。

日本人選手の中にも、海外でプレーする経験を重ねて、技術だけでなく、海外で必要とされるこころのあり方を学んでいる選手も増えてきました。現在注目されている本田選手などは、日本人とは大きく異なるメンタリティーの持ち主です。現役は引退しましたが、中田英寿選手にも通じるものがあるように感じます。

このように、サッカーにも国民性や文化の違いが現れていると言えます。他にも様々な点でサッカーとこころは相互に関連しています。いつか、サッカーからひとのこころにアプローチするという研究ができればいいなと考えています。

英語論文を読むこと

研究において、論文を読むことは必要不可欠な過程です。

どの領域においても大抵当てはまると思うのですが、少なくとも僕が関わっている認知心理学・社会心理学の分野においては、読まなければいけない論文はほとんど英語論文です。

英語論文を読むこと自体なかなかつらい作業でもあります。特に、かなり昔に書かれた論文や、癖のある英語で書かれたものは読みにくいです。

また、読んで得た情報を自分の研究に活かすことが必要になります。そのためには、ただ読んで理解するだけでなく、自分で内容についてまとめたり、発展的に考えてコメントをしてみたりすることがとても大切です。インプットだけでなく、アウトプットもこなすことで、より理解が深まり、記憶にも残りやすいです。こうした点で、人前で論文紹介やまとめについてプレゼンする機会はとても貴重です。

正直な所、自分は論文を読むのがあまり好きではありません。なぜなら、まだ論文を読む能力が低いからです。1つの論文をきちんと読むのに1週間かかることも少なくありません。

ただ、必要な質を備えつつ量をこなすことで、より簡単に楽しく論文を読むことができるはずだと思っているので、これからも精力的に取り組んでいきたいと考えています。

変化

暖かくなってきたかと思えば、急に寒くなったりしていますね。

 

この時期、学校を卒業したり、新しい学校に入学したり、クラスが変わったり、引っ越したりと自分の周りの環境が大きく変わることが多いかと思います。そうなると当然いろいろとストレスを受けることやしんどいことが多くなりますよね。

 

海外に旅行するとこうしたことを如実に感じます。日本では当たり前だと思っていたことが当たり前ではなく、環境が激変するからです。日本語は通じないし、生活様式もまったく異なります。

 

このしんどさを伴いながらも、新しい環境に慣れていくことが成長だと思います。逆に言えば、ずっと同じ変化のない環境に居続けていては、変化に適応する力が衰えてしまうような気がします。

 

いろいろとしんどい時期だとは思いますが、このしんどさが自分の成長につながるのだと考えて、一日一日を大切に過ごしていければいいなと思います。

おめでとうございます!

今月受験を迎えた生徒さんが無事志望校に合格されました。

日頃の努力が実を結んだ結果だと思います。僕もとても嬉しく思いました。

高校に進学しても、日頃からコツコツと勉強に取り組みつつ、やりたいことを存分にやって欲しいと思います!

生徒さんの合格に関われたことに感謝しつつ、これからもそうした関わりを大切にしていきたいです。

緊張

ヒトは、受験やテストだけに限らず、様々な場面で緊張を経験します。緊張はネガティブなものと捉えられがちですが、必ずしもそうではありません。

緊張とは、自分にとって重要な場面でより的確に動くためのシステムのひとつだと考えられています。外界の情報をより早く処理することが出来たり、筋肉を普段よりも活発に動かすことができたり、疲れを感じにくくなったりします。緊張する状況を何とか終えた後にどっと疲れを感じることがありますよね。緊張している時は、たとえ疲れていても何とかやらなければいけないことをこなすことができます。

緊張しすぎてパニックになってしまうのは良くないと思いますが、適度な緊張をポジティブなものだと捉えることができれば、強い味方になってくれるのではないでしょうか。

2018年12月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

 ログイン(教師用)

Yu(京大教育)
現在、京都大学教育学部・教育心理学系に所属しています。出身は愛媛県の愛光高校です。専攻は社会心理学・文化心理学ですが、心理学全般について学んでいます。生徒さんが楽しく学べること、そして僕自身も楽しみながら指導することができればいいなと考えています。

お気に入りリンク

家庭教師一覧

検索