sarashina(京大工) さんの投稿記事

そろそろ十一月祭!

10月が終わり、京大生の目下最大のイベントと言えば11月祭(NF)です。

僕の所属するサークルではNFでイベントを行うので、1年かけてその準備をしてきました。この一年、長かったような短かったような・・・。

まだあと1ケ月残っていますがいまからNF当日が楽しみです!みなさんぜひNF来てくださいね!

秋の月

この前まで蝉がたくさん鳴いていてうんざりするほど暑かったはずなのに、気がつけば昼でも涼しく感じる季節になりました。秋は勉強も運動もしやすくてとてもいい季節ですね。ご飯もおいしいです。

ところで、夜に出かけてふと見上げた月の美しさに思わず感動してしまいました。秋といえば、というものはたくさんありますが中でも秋の月は他の季節と一線を画すものがあると思います。

今年の中秋の名月は9月30日だったらしいですが残念ながらその日は曇りで見ることができませんでした。しかし、満月でなくても秋の月は非常に明るく、美しく輝いています。1000年前もこの土地で、同じように人々がこの美しさを愛でていたのだろうと思うとこの季節がとても愛おしく感じました。

夏休みが終わって

あっという間に今年の八月も終わってしまいました。大学生のなつやすみはまだ続きますが、小中高の学生は新たな学期がはじまって毎日学校に通っているのでしょう。

今年の夏休み、私はサークルに行き友達と遊び旅行に行きと充実しておりました。ん?何かが足りない?まあそんなことはよいのです。

生徒さんも肌が真っ黒に焼けていて、夏休みを楽しんでいたんだなぁと感じました。どんな夏だったのかまた聞きたいなと思っています。

はやくも夏休み

家庭教師をはじめて3カ月以上がたち、ついに夏になりました。生徒も私も夏休みに入って授業でもそういう話題が何回か出ました。

やはり学生にとって夏休みの存在はとても大きいですね。普段の生活でできないことをめいいっぱいする絶好のチャンスです。

生徒さんにも私にもまたとない素晴らしい夏になればと祈っています。テンションあがりますね!

学問とは言葉によって行われるものです。つまり言葉を使えばだれでも理解できるし、他人に理解させることができるということだと思います。しかし、人には同じ日本語でもそれぞれの言葉というものがあるのだと思います。その人自身の言葉を使わなければ伝えることはできません。

授業をしていると時々、必要なことはすべて言っているのにどうして理解してくれないのだろう、ということがあります。それはたぶんその生徒自身の言葉をつかっていないからだと思うのです。

そういう時は焦らずに、生徒自身が自分の言葉を使って理解するのを待つしかないのでしょう。教える側にできることとはただ道を示すだけなのです。

何が言いたいのか分からなくなってきましたが、つまりは理解するのはあくまで生徒であり、私たちはその手伝いをしているだけなのだということです。そういうことを最近考えるようになりました。

2018年10月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

 ログイン(教師用)

sarashina(京大工)
工学部・物理工学科所属、洛星高校出身、未熟者ですが精一杯頑張って勉強教えたいと思います!

お気に入りリンク

家庭教師一覧

検索