PresenterHiro(京大医) さんの投稿記事

8月を振り返って

8月は小学校が夏休みと言う事もあり、とても多くの時間を生徒と共に過ごしました。そんな中で彼の事をよりよく知り、感じた事をつづります。

彼は少し特性のある小学校5年生です。彼の特徴として今回取り上げるのは、コミュニケーションに置いて「相手の気持ちを読み取る事が非常に苦手」という一面です。
素直に勉強していて、決して勉強ができないわけではありません。しかし彼はしばしば、人との関わりの中で大きなミスをしてしまいます。脈絡なく黙りこんでしまったり、逆に一人で盛り上がりすぎたり。

普通の子供よりもかなり「失礼」の多くなってしまう所があるのですが、子供のする事、それほど腹が立つわけでもなく、”大人の対応”のつもりで受け流していました。
しかし、親御さんと話したり、夏休みに多くの時間を共に過ごす中で考えが変わっていきます。「こういう所を諦めて受け流していては、本人の成長に結びつかないのではないか。彼が特性を乗り越えるための一助となるのも家庭教師のつとめなのではないか」

お母さんは非常に厳しく、彼の特性が損になる事を指摘してくれています。「察しのつかない」特性ゆえ、繰り返し厳しく言って聞かせる事は非常に大事な事です。
そこで僕は少し違った角度から彼を刺激しようと考えました。近頃では、虚をついた質問によって”気付き”を与える、というアプローチを試しています。
「怒る人と怒らない人、どっちが怖いと思う?」「…怒る人」
「そうなんや~。先生は逆やと思うんやけど」「なんで?」
「逆に聞いちゃうけど、怒る人って、なんで怒るんでしょう?」「…怒ってるから」
「そう!怒ってなかったら怒らないよね。じゃあ、怒らない人は怒って無いのかな?」「…怒ってるの?」
「怒ってるよ。実は先生もよく心の中で怒ってる。でも怒らない」「…??」
「大人はそういうもんやねん。でも心の中で怒ってるから、知らない内に君の事を嫌いになっていくよ。怖いでしょ」「…嫌だ!」
「落ちついて。ちゃんとなんとかなるから。相手の気持ちを想像して、怒らせないようにするんだよ」「どうやって?」
「例えば・・・」

彼の”特性”はしつけの範疇をこえた物であり、外的干渉がどれほど解決の助けになるのかは定かではありません。
それでも僕は諦めたくない。彼が特性を乗り越える日を信じて様々な試みをしていこうと思います。

6月を振り返って

現在のご家庭にも2ヶ月お世話になり、色々と考えながら指導する余裕が出てきました。

今日は、小学生に指導する時にしばしば思う事を書き留めておきたいと思います。

「答えだけを求める小学生。良くない事だが、どうするか」

家庭教師、個別指導を合わせ、私立小学校に通う小学生を3人教えています。
優秀な子ども達に違いありませんが、たびたび感じる事が、みな「答え」を出す事を急ぎ、「考え方」への関心が極端に薄いという事です
「なんでこの答えになるの?」と聞いても、答えようとしないか、答えられません。

解答が正しい場合は何らかの正しい考え方をしているのであり、その場は問題ないのかもしれません。
ですが一度間違いを繰り返しだした時、こういったタイプの子は非常に脆い。
自分の考えを客観視する事ができないからです。

自分の考えを説明する事は、その実自分の思考を客観視するトレーニングになります。
自分の思考が客観視できる子供は、例え躓いても立ち直りが早い。勉強すべきポイントをすぐに見つけ出すからです。
できる問題だけ解いて得意顔の子供と、考え方を振り返る内にひっかかりを感じて友達や先生と相談できる子供では、学習レベルが上がるにつれ大きな差が生まれます。

私立に通っているとはいえ、このままでは3人とも大きく失敗するとわかっているのですが、なかなか子供に考え方を説明させるのは難しい物です。
小難しくて面倒くさい事をすすんでやりたがりはしませんものね。

「たまには考え方を説明する」という事を面白く感じさせる。ここをどう成功させるかが教師の腕が試されるところです。

今は試行錯誤中、一朝一夕にはなかなかうまくいきません。何かシンプルで良いアイデアがあればご教示ください。

ご挨拶と今月の振りかえり

今月よりシリウスで仕事を承りました。よろしくお願いします。

過去には高校生の家庭教師などをしていました。

今は小学校5年生を教えています。少し特性のある子ですが、とても行儀が良く、自分の特性と向かい合いながら辛抱強く勉強してくれています。生徒の姿勢から教師である僕が学ぶべき事も多いです。

英語を主に教えていますが、算数も毎回軽く指導しています。今月最後の指導では小テストにて100点をとったとの報告を受け、本当に嬉しく思いました。

生徒とも完全に打ち解け、これからの指導を楽しみにしています。

2018年12月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

 ログイン(教師用)

PresenterHiro(京大医)
医学部3回生です。2012年5月よりシリウスで仕事を承っています。よろしくお願いします。

お気に入りリンク

家庭教師一覧

検索