卒業論文

私は現在卒業論文に苦戦中です。

データを取るところまでは順調に進んだのですが、

そのデータからどんな結果が導き出すことができるか

またはどんな風にデータを加工するかという点で苦戦しています。

 

文系の方が社会で働く上でも数理的素養が必要だと言われている。

またそういった学生の方が新卒における労働市場価値が高いと言われています。

私は理系で就職も数理を扱う職種に決まっているのですが

世間一般で言われている数理的素養とはどういったレベルのことを指すのだろうかと

ふと卒業論文の辛さからか思いました。

大学生になる方には学部の2年生ぐらいからは少しずつエンジンをかけて

勉強することをお勧めします。

コメント

いつもありがとうございます。
データをどのように意味づけるのかは、ものの見方によって変わってきますね。
理論や思想、個人の価値観にも影響を受けてしまう。
特に社会において何が大事なのかと考えると、「何をしたいのか」という目的であって、データはそのために使われるくらいのものでしょう。
つまりはデータを使いこなすことで思い描いた世界を実現していける人材こそ評価されるのだと思います。
卒論がんばってくださいね。

2017年2月16日 | シリウススタッフ

コメントの投稿

コメントを投稿するにはログインしてください。

トラックバックURL: https://www.siriusac.net/campus/sirius9268.html/trackback