英語日常会話6

とにかく口語は奥が深い。これを理解しても使う日が来るのだろうかと思いながらも、一度決めると極めてみたいというのが自分の性格。なんとか使いこなせるようになりたい。

 

fat cat・・・大したことしていないのに、高額の報酬を得ている社会的地位の高い人

It means a lot to me →あなたのことは特に重要に思っている。Thank you for your    ~      (基本的には良い意味で使う。たまに悪い意味でも使う)

resort to     とうとう~してしまった。 desperate act, at last   例:He resorted to take someone hostage .

pull through (an illness)  →overcome/get over  with great difficulty

appalling (weather) →awful  精神的に引くくらいのショックの

at hand →soon ,near future

have a bone to pick up with  ~         →(君にどうしても言っておかないといけないことがある)大体ネガティブなとき

Don’t get smart with me             →(そんな難しいこと偉そうに言われてもいきなりわかんねえよ)、うちの先生は航空会社の説明があまりに不親切なときに言う

Don’t get technical with me      →(あんた細かいこと言い過ぎ。)

yippee   →きゃあ

once and for all   →This is the end

buff・・・男らしい

buffy・・・女の子らしい(キャピキャピしている)  とても紛らわしい。

dainty・・・華奢(な女の子)、可愛い系

lax →lazy

slack→lazy   例:I was slacking on practice.

strapped for time→no time

throw a fit →pissed,get angry    (ニュアンスは子供の癇癪。おやつを買ってもらえなかったときのような)

throw a party  →hosting a party

cherry on the cake →the final thing that makes something perfect

in for a treat →good surprise ,warm welcome

deliver the goods →execute,operate it, 心理や自己啓発などで「You can do it 」というニュアンスで使う。「やってみな」。

Heck ya→ hell yes

from scratch →最初から、zero point

bummed  →disappointed,depressed

waiting in the wings  →日の目を見るのを待っている。(待望のルーキーがベンチで1軍の先発のチャンスをうかがっているイメージ)

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

コメントを投稿するにはログインしてください。

トラックバックURL: https://www.siriusac.net/campus/sirius9503.html/trackback