京大桂キャンパス紹介(4)

地球系、建築系、物理系の入っているCクラスターに行ってみました。さすが建築系が入っているだけあって、床が黒のタイルばりだったり、建物が空間を大胆に切り取ったような、ちょっと近未来映画にでてくるような配置になっていたりと感心してしまいました(←素直です)。日曜日にいったので、人がほとんどいません。静かな構内を歩いていると、建物の雰囲気も手伝って現代美術館の中を歩いているような気分になります。そんな中を急に近所の子供たちが走り回っていたので、少し不思議な組み合わせを見た気分になりました。
201004111552001

201004111550000

大学の周囲には気晴らしができるようなお店はほとんどないです(自分は大学生協の本屋でたまに立ち読みするくらいでした)。その代わりかどうかわかりませんが、バスケットボールや卓球のできる体育館やスポーツジム(船井交流センター内:写真下)が充実しています。論文の発表会の後、ゆったりとしたペースで打ちながら発表の感想戦をしたのはいい思い出です。

学生は自由に使えます。

学生は自由に使えます。

コメント

近未来空間の静けさをしばしかき乱す子どもたちの歓声。
う~ん、いいですねえ、桂キャンパス。
スポーツ設備が充実しているのも見逃せないですね。
こんなに桂のいいところが見えてくると、来年の入試で工学部の倍率が上がってしまうかも!
(それはないか。。)

次回も期待しています。

2010年6月8日 | シリウススタッフ

コメントの投稿

コメントを投稿するにはログインしてください。

トラックバックURL: https://www.siriusac.net/ivent/sirius2908.html/trackback