センター試験対策の留意点

12月になりました。今年もあとひと月ですね。本番が間近に迫ってきて焦りを感じている方もいるかもしれません。しかし、毎度言っていますが、焦っても自己嫌悪に陥っても状況は全く改善されません。どんなに間に合わないと思っても今できることを一つ一つしっかりやっていくことこそが合格に繋がるのです。ゆっくりと一歩一歩進んでいきましょう。

さて、センター試験が近づいてきて、そろそろセンター対策を始めた方も多いかもしれません。今回はセンター試験対策について少しお話しようと思います。

・センター試験の配点
まずセンター試験は受験校によってどれぐらい重要かが変わってきます。センター試験の配点が100%のセンター利用の試験もある一方、私大などでは二次試験の配点のみで評価される場合もあります。自分の受験校と相談して、自分がどれだけセンター試験に打ち込む必要があるのかをまずしっかりと認識しましょう。私は京大の理学部を第一志望に考えていたので、それほどセンター試験は重要視していませんでした。数学だけは12月から気分転換に予想問題集を解いてみたりしていましたが、古典と現社を除いた科目は1月に入ってからの一週間とちょっとの間にしか対策をしませんでした。復習や二次試験対策に時間を割いていた覚えがあります。

・数学
私が最も対策した科目は数学でした。数学は一問一問の配点が高いうえに、途中でつまづいてしまうと雪崩式に後の問題も落としてしまうという、差がつきやすい科目です。時間も結構シビアで、時間内に満足に解き切るためには練習量が重要になってきます。センター数学用に面倒な計算を省略する公式(グラフで囲まれた面積を求める積分公式、空欄の形から答えを逆算する手法)などをしっかりと頭に叩き込んだ上で挑みましょう。

・国語
現代文に関しては劇的な点数改善法はないかもしれません。ただ、選択問題は基本的に文中に載っていることで判断ができるように作られています。この記述が本文と矛盾するからこの選択肢はハズレだ、と見分ける練習をしておくことで、ある程度センスは磨けるかな、と思います。古文と漢文ははっきり言って暗記科目です。基本的な単語を覚えるだけでも全然読めるかどうかが変わってきます。ここはもう対策をするかしないかだけかと。理系の人は二次試験で使わない科目に時間を使うのは抵抗があるかもしれませんが、まったく勉強せずに本番に挑むのはおすすめしません。

・英語
数学と同様に、時間が結構シビアな科目です。時間内に長文を読解するのはある程度訓練が必要になってきます。12月の間に長文を時間内に読む練習はしておいた方がいいでしょう。文法問題も頻出事項を押さえておきましょう。リスニングや発音の問題等は二次試験で使わないことも多く、おろそかにしがちですが、この分野はコストパフォーマンスがいいと思っています。少しの練習量で点数が稼げるので今月だけは頑張って勉強しましょう。時間配分の練習もしっかりとしてほしいので、12月の後半あたりから、予想問題集などを使って時間のやりくりをしっかりと練習してみてください。

・地歴公民
これは暗記科目です。今までどの程度やってきたかは分かりませんが、覚えた量がそのまま点数に比例します。二次試験で使わない方もセンター試験用の参考書を買ってきてしっかり目を通しておいてください。

・理科
二次試験用に勉強をしていれば、センター用に覚えなければいけない、ということはほとんどないかと思います。ただ、時間配分やセンター特有の悪質なひっかけ問題等もあるので、過去問や予想問題集に取り組んでおくことを推奨します。

センター試験は二次試験とは全く性質の異なる試験です。いかにセンター試験用に対策を取ったかで学力差をひっくり返すような点数が出ます。それをしっかりと把握してこの12月を対策に充ててください。

コメント

いつもありがとうございます。
センターの比重が小さい場合でも、センター対策はしっかりしておきたいですね。
基本事項の総確認にもなりますし、大きく取りこぼすことがなければ少しゆとりをもって2次試験に臨めると思います。
生徒さんの実力が十分に発揮されることを願っています。
今後ともよろしくお願いします。

2016年1月2日 | シリウススタッフ

コメントの投稿

コメントを投稿するにはログインしてください。

トラックバックURL: https://www.siriusac.net/kyouiku/sirius8764.html/trackback