Dubbed Anime

タイトルは吹き替えアニメという意味です。

高校生までの英語の勉強は読み書きが中心ですが、

大学生になってTOEIC(ビジネス英語)やTOEFL(学術英語)などの試験を受けるとなれば

リスニングのウエイトがかなり上がってきます。

全体の半分ぐらいがリスニングです。

巷にはリスニング教材が溢れかえっていますが

どれをどのように勉強したらいいのかわからない

という問題はもちろんのこと、そういった教材は苦痛に感じられる人が多いと思います。

そこで今回紹介したいのは日本の有名なアニメの吹き替え版を見ることです。

好きなアニメを好きなだけ見るという効率は度外視した方法です。

見たことがあるアニメでもいいですが、見たことがないアニメでもいいと思います。

映像があるので、最悪絵だけでもストーリーはわかることが多いです。

小さい時を思い返してみてください。日本語力は今より遥かに劣っていたとしても

アニメを見て面白く感じませんでしたか?

ある程度の英語力は大学受験で身につくと思うので

大学生であれば吹き替えアニメは楽しめるはずです。

アニメが好きな人にはオススメの勉強法です。

コメント

楽しみを感じられるような学習をどんどん取り入れていきたいですね。
決まった内容を読まされるのではなく、それぞれが興味のある話題を選択して学習していく流れになるといいなと思っています。
アニメ好きなら思い切りそれを活用してほしいものです。
今後ともよろしくお願いします。

2016年10月25日 | シリウススタッフ

コメントの投稿

コメントを投稿するにはログインしてください。

トラックバックURL: https://www.siriusac.net/kyouiku/sirius9090.html/trackback